お知らせ

2020 / 03 / 11  11:22

<一ノ蔵特別純米原酒 3.11未来へつなぐバトン>

<一ノ蔵特別純米原酒 3.11未来へつなぐバトン>

<一ノ蔵特別純米原酒 3.11未来へつなぐバトン>

宮城の一ノ蔵さんのお酒です。
味は華やかな香りがほんわりとして、優しい甘やかさと酸味等のバランスが良い口当たりにうっとりとしてしまう(😊)
ついつい杯が進むお酒です。
このお酒は、一ノ蔵酒造の所在地である宮城県大崎市松山で酒米づくりをしている"松山町酒米研究会"の皆さんが丹精なさった宮城オリジナルの酒造好適米「蔵の華」を醸した "the宮城" な特別純米酒なのです。
更に、日本酒に詳しい方なら既にご存知でしょうし、そうで無い方もラベルを見てピン!とこられるんではないかと思うのですが、
9年前の今日、3月11日に発生した東日本大震災で大きな被害を受け、周囲の支援を受けて復興を遂げられた一ノ蔵さんが、御自身の本業である醸造発酵で恩返しをしたい、蔵が受けた支援をバトンのように次世代の子供達に手渡したい、とその年の12月に立ち上げた支援プロジェクトの根幹をなす銘柄となってます。
『3.11未来へつなぐバトン』は、その売上金の全額が、東日本大震災で被災された子どもたちの継続したケアを目的とした基金団体「ハタチ基金」へと寄付されます。震災の年に生まれた赤ちゃんが成人するまでを見守る長期プロジェクトなのです。

https://www.hatachikikin.com/about

先日、震災のために小学校の卒業式をできなかった子供たちが、成人して地域活動の運営を担うようになったとの話を耳にしました。本当に子供が大人になるというのは、素晴らしく頼もしいことだと感じます。
あの年に生まれた子供たちが成人して酒を酌み交わせるようになっても造り続けて欲しい、味わい深い美味しいお酒です。